寝る前のスマホが睡眠の質に及ぼす悪影響とは

LINE、Twitter、インスタ…もう寝なければいけないはずなのに、ずっとスマホを握りしめて通知や更新を待っている、そんなことありませんか?
布団に入ってもスマホが手放せずついつい夜更かし、というお決まりの流れは今のスマホ社会では珍しいことではないでしょう。

とはいえ、やはり人体の進化というのは時代の進歩ほど早くは進まないものです。
電話がガラケーに、ガラケーがスマホに変わろうとも、夜更かしすれば次の日辛いという法則は前から変わることはありません。

そんな現代、もはや習慣となっている人も少なくないであろう「寝る前のスマホ」ですが、具体的にどのような悪影響があるのでしょうか。
この記事では、寝る前のスマホが及ぼす悪影響の中で最も大きいと考えられるものの2つをご紹介していきたいと思います。

睡眠不足に起因する様々な健康被害が出る

寝ようと決めて布団に入ってからスマホに時間を費やせば、まず睡眠時間が短くなります。
仮に数分だけと決めても、スマホを一度見始めちゃうと中々止め時がわからなくなる、なんて経験も多いのではないでしょうか。

睡眠不足に起因する様々な健康被害が出ることも考えられます。
睡眠不足が良くないことだってのはわかるけど、具体的に何故良くないの?ということについては、こちらの記事を参考にしてみてください。

また、寝る直前にスマホの光を見るという事自体が入眠の妨害になります。
人間はかなり長い間、日光が活動の起爆剤となっていました。
日光によって明るければ活動し、日が落ちて暗くなればそろそろ眠る頃だよ、と脳が判断していたのです。

眠る前には睡眠ホルモンとも呼ばれる「メラトニン」という物質が分泌されるのですが、
スマホの光を浴びる事でメラトニンの分泌が抑制され、脳が活動する時間なんだと判断してしまい中々眠りにつけなくなります。

本来睡眠のためのはずだった時間がスマホをする時間に費やされる事で睡眠時間が短くなり、
スマホの光を見ることで脳が覚醒してしまい眠りにつきにくくなる。
結果として、睡眠の時間と質が落ちて次の日に悪影響を及ぼす、ということになります。

体内時計を狂わせる

スマホの光は「ブルーライト」とも呼ばれる光の波長を発します。
ブルーライトは自然界にも存在し、ブルーライトが含まれる自然界のもので最も代表的なのは「太陽光」です。空が青く見えるのは、太陽光のブルーライトが反射しているためです。

太陽光は朝に浴びるのであれば体内時計を調整するのに重要な役割を持つものなので、太陽光に含まれるブルーライトも決して悪いものというわけではありません。
問題なのは、本来日が落ちて暗いはずの夜、これから寝るかという時にブルーライトを発するスマホを直視していることなのです。

寝る前にスマホの光を直視することが習慣化してしまうと、体内時計もその時間が活動時間だと判断してしまい、生活リズムがだんだんと後ろにズレていきます。
その結果、「夜中=眠る時間」という体内のリズムが崩壊し、夜でも活動状態が続き全然眠くならず、朝起きる事が難しくなっていきます。

まとめ

このように、寝る前のスマホは睡眠にとても悪い影響を及ぼします。
技術の急速な進歩は人体の順応を待ってはくれません。体内時計を乱すこと無く夜中に強烈な光を浴びられるほど人体は出来上がっていないのです。

睡眠は人体にとって非常に重要なものであり、日常を円滑に進めるためにも十分な睡眠は必要不可欠です。
重要な連絡などでどうしても、という場合を除いて、寝る数時間前からはスマホに触らないなど決まり事を作って徹底するのが良いでしょう。