睡眠の何時間前まで食べて良いの?睡眠の質を落とさないための食事間隔

寝る前の食事

睡眠時間的にはちゃんと寝ているはずなのに、なんか疲れが残っているような気がする…、なんて感覚を経験したことはありませんか?

そんな時は、寝る前の自分を思い返してみましょう。寝る直前の食事、これに思い当たる節がある場合は、それが原因である場合が多々あります。

寝る直前の食事は、睡眠不足感の大きな要因の一つになり得ます。

食べた物の消化・吸収というのは、毎日することでありながら、人体に結構な負担をかけることでもあります。

そのため、その日最後の食事から睡眠までの間隔は十分に取っておいたほうが良いでしょう。

そこで今回は、具体的に睡眠の何時間前までに食事を摂っておくべきなのか、について説明していきます。

睡眠の直前に食べてしまうと「睡眠の質」が落ちる原因に

スリプル

食事の後、食べた物は食道を通って胃に入り腸へと進んでいきます。この間に消化と吸収が行われます。

体感的には自動で行われているのでなんてこと無いと錯覚してしまいますが、人体はこのプロセスに結構な負担がかかっているのです。

体が食べ物の処理のために働いている時は、別のことをしようとすると平常時よりも能率が落ちます。

昼食の後の仕事でなんとなく気怠さを感じたり、午前中のようなパフォーマンスを発揮できなくなるって方も少なくないのではないでしょうか。

これは、食事後の血糖値や体温の上昇から平常に戻したり、食物の消化と吸収のために体が働いている事が大きな理由だと考えられています。

そのため、別のことに集中するためには人体の役割が分散してしまわないように、食事の後は消化が一段落するまで待つ必要があります。

睡眠の質を落とさないためには、消化の時間を考えて食事を済ませておく必要があるというわけですね。

睡眠の3時間前までには食事を済ませておきましょう

食事後

具体的に睡眠の何時間前に食事を済ませておくべきなのかについてですが、最低3時間・理想は5時間ほど空けておくのが良いです。

時間の都合上、まとまった食事を3時間前に食べておくのが難しいという日は、小分けにして食べる(睡眠5時間くらい前から1時間毎に軽食を挟む、等)ことで消化の負担を軽減できます。

加えて、基本的に晩御飯は朝ご飯や昼ご飯に比べて軽めの食事にしておくことが望ましいです。

まとめ

食事は睡眠と同様、人体にとって非常に重要な事ですが、間違えれば毒となり得ます。

睡眠の質と食習慣は密接に繋がっています。

1日のスタートが気怠さから始まることの無いよう、快適な睡眠が取れるように日々を過ごしていきましょう。