朝型人間に見られる4つの特徴とは

早朝のイメージ

毎日、朝早く目覚ましも無く起きて、朝から精力的に活動できる、朝型の人にそんなイメージを持っている方も多いかと思われます。

実際のところ、朝型人間はどのような特徴を持っているのでしょうか。

そこで今回の記事では、朝型人間に見られる特徴を4つご紹介していきます。

幸せな人が多い

幸せなイメージ

朝型人間は夜型人間に比べて、幸せを感じやすい傾向にあり、物事をポジティブに考える事に優れています。

朝から活動的な人は明るく快活な印象を持たれやすいので、人から好かれやすくもあります。

朝型人間はその生活スタイルからわかるように、日の出ている時間に活動することが多いです。つまり、日光に当たる時間も夜型人間に比べ多くなります。

人は日光に当たると幸せホルモンとも言われるセロトニンが分泌されるので、日光に当たる時間の多い朝型人間は幸せに感じやすいわけです。

学業の成績が良い

頭の良いイメージ

朝型人間は早寝早起きがしやすく、朝に登校して夕方に帰宅する学校のスケジュールとも合っています。

夜型人間は睡魔に襲われながら授業を受けることが多くなりがちですが、朝型人間は夜中に十分な睡眠を取れるので、学業でも成績が良い傾向にあります。

朝一がもっとも活動的

朝から活動的

朝型人間は朝が苦ではありません。起きてすぐジョギングに出かける事も、料理をすることもでき、頭もよく働きます。

朝型人間にとって早朝はタスクをこなすのにベストな時間なのです。

早朝からやるべき事を片付けておくと、その後の一日の流れも気分が良くなりますよね。

時間管理が上手い

時間管理のイメージ

朝型人間は先を見据えた計画を立てるのが上手く、時間管理に長けています。
時間管理が上手いと、仕事の生産性が上がり、他者からの信頼も厚くなります。

朝早くから頭が良くはたらくため、一日の大まかな計画を立ててから行動を始めることができ、行き当たりばったりな行動が少ない傾向にあります。

また、朝一でやるべき事を終わらせておけば、物事を後回しする事も少なくなり、「あれやらなきゃ、これやらなきゃ」と時間に追われる感覚に苛まれることもありません。

まとめ

クロノタイプで言えば、人には大きく分けて朝型と夜型がいますが、基本的に人は昼行性であるため朝型が一般的です。

社会の活動時間の大半も昼行性である人の生活リズムに合わせて作られているため、朝型人間は得をする場面の方が多いと言えるでしょう。